© FUKUOKA UNIVERSITY

商学部案内

HOME > 商学部案内

TITLE TITLE
商~AKINAI~ × あなたの未来

人材養成の目的

商学部は、大きく変化する社会的・経済的環境のもとで、商学研究を深化させ、研究成果を社会に還元することを教育研究の理念とします。この理念に基づき、商学の知識及び理論を身に付け、これらを活用して問題の発見・解決に当たる能力を持ち、他者と協働して企業、地域等の発展を担う人材を養成することを目的とします。

求める人材像

商学部および商学部第二部は、人材養成の目的を達成するために、次のような意欲を持った学生を広く受け入れます。

  1. 地域に根差したニュービジネスリーダーを目指す人
  2. 人間性豊かなマネジメントリーダーを目指す人
  3. ビジネスマインドを持った国際教養人を目指す人
  4. 働きながら商学を学びキャリアアップを目指す人

また、その受け入れに当たっては、次のような点を特に重視します。

  1. 日本と世界の経済・社会問題に興味・関心を持ち、これらに関する幅広い知識を備えていること
  2. 自らの関心や意見を言葉や数字などを使って的確に表現できること

さらに、商学部および商学部第二部での学修のためには、高校までの課程で、次のような点に留意して、勉学に励むことが求められます。

  1. 高等学校で基本とされる教科を幅広く、着実に学んでいること
  2. 現代社会およびその他の社会科の科目(地理や世界史、日本史、政治・経済)を深く学んでいること、基礎的な数学の力および語学力を身に付けていること
  3. 商業系の高校やコースでは、簿記・会計やマーケティング・商業などの基礎をしっかりと学んでいること

福岡大学商学部の特長

  • ニーズに対応したカリキュラム
  • 1年次から取り組む少人数でのゼミナール
  • 国際的コミュニケーション能力の重視・向上
  • 情報処理能力を徹底的に錬磨する
  • 第9期生を迎えた会計専門職プログラム
  • 第2期生を迎えたクリエイティブ・マネジメントプログラム
  • 高校商業・情報科教員育成プログラムの開始
  • タイ王国アサンプション大学との交換留学制度発足

ゼミナール体制の充実

商学部では1年次の前期からゼミナール教育を行います。4年間に渡って、興味を持つ分野について、15名程度の仲間と一人の先生を囲み、討論・発表を重ねます。

ゼミでの学びや活動を通じてビジネスリーダーに不可欠な“観察・構想・実践”の能力を習得します。地域から経済を活性化させる人材になることを目指します。

1年次
基礎
ゼミナール
2・3年次
専門
ゼミナール
4年次
論文
ゼミナール

少人数で深く学ぶ

商学部では1年次の前期からゼミナール教育を行います。4年次まで2年半に渡って、興味を持つ分野について、15名程度の仲間と一人の先生を囲み、討論・発表を重ねます。


実践的に広く学ぶ

勉強の場は学内にとどまりません。企業見学や海外研修、地域との共同プロジェクト、他のゼミや大学との討論大会など、深く掘り下げた勉強を通して視野を広げ、学びを深めます。


学生が主体の運営

商学部ゼミナールの主体は学生です。勉強以外に、先生やゼミ仲間との交流を深める各ゼミ独自のイベント(合宿や卒業旅行など)を行って、成長と絆を育む風土があります。


集大成としての卒業論文

ゼミナールでの勉強の集大成として、最も関心をもったテーマを自ら決定し、多くの文献を調べて、18,000字以上の卒業論文を書き上げます。大学生ならではの勉学のスタイルです。