© FUKUOKA UNIVERSITY

社会人コース履修制度

HOME > 社会人コース履修制度

社会人コース履修制度とは

 大学には、4年間在学し所定の単位を修得して卒業する正規の課程のほかに、1科目ごとの受講料を納入して授業等を履修する「科目等履修生」という制度があります。

 商学部第二部商学科(夜間部)の社会人コース履修制度とは、この「科目等履修生」制度を利用して、ビジネスに関するリカレント教育やスキルアップに対する社会人のニーズに応えるために設けられている制度です。

 社会人のニーズに応えるための授業科目をまとめて「コース」で受講できるようにすることで、ビジネスの理論や最新動向を体系的に学べるようになっているのにくわえ、通常であれば1単位につき12,000円(多くの授業科目は2単位なので、1科目24,000円)かかる受講料が、20単位まで110,000円とかなりリーズナブルな受講料で受講できるようになっています。

 設置されている「コース」は2つ。「ビジネス・マネジメント基礎コース」と2022年度から新設された「地域ビジネスデザインコース」のうちどちらかを選択してください。

 両コースともに、1年間で前・後期合わせて最大20単位まで履修することができ、学生同様に定期試験を受験して大学の単位を修得することができます。

講義・定期試験について

令和4年度は以下のとおりの日程で講義・定期試験が行われます。

  • 授業期間
    前期 令和4年4月11日(月)~7月21日(木)
    後期 9月19日(月)~12月26日(月) 、令和5年1月5日(木)~1月16日(月)
    • 全ての科目において、「FUプラスアップ授業」と称する授業1回分の内容に相当する授業を、遠隔オンライン(オンデマンド型授業)で実施します。「FUプラスアップ授業」は、主として、第1回目の授業として実施され、その場合、上記授業期間は第2回目以降の授業の期間を示します。
  • 授業日
    授業期間中の月曜日から金曜日
    • 祝日の通常授業:4/29、9/19。
    • 5/7(土)は木曜日の授業を実施。
    • 土曜日の補講:5/28、6/25、7/16、11/12、12/17
  • 授業時間
    1時限目:午後6時~午後7時30分
    2時限目:午後7時40分~午後9時10分
  • 試験期間
    前期:令和4年7月22日(金)~7月31日(日)
    後期:令和5年1月17日(火)~1月28日(土)
  • 試験時間
    1時限目:午後6時20分~午後7時20分
    2時限目:午後7時50分~午後8時50分

ビジネス・マネジメント基礎コース

1年間の履修期間でビジネス・マネジメントを体系的に学べる社会人コースです。 本コースでは、1年間の履修期間で、あなたの関心のある分野に関わる知識を幅広くかつ体系的に学習し、大学の単位を修得することができます。

地域ビジネスデザインコース

概要

地域ビジネスデザインコースは、経営学やマーケティングそして会計学の基礎知識を講義形式で学びながら、実際の企業から提示される新規事業開発等のテーマにゼミナール形式で取り組むことで、理論的な知識を応用する力と実践的な課題発見・解決能力を伸ばすことを目的とするコースです。

1 年間の履修期間で、関心のある分野に関わる講義を20 単位まで(うち4 単位分や地域ビジネスデザインゼミナール)履修しながら、選抜された商学部第二部の学生と共に「地域ビジネスデザインプログラム生」として学び、課題に取り組みます。

目的

本プログラムでは下記能力および知識の獲得を目的としています。

  1. 課題発見・解決力
    地域企業から出されるリアルな課題に取り組むことで、課題発見および課題解決力、それに関係する調査能力を伸ばします。
  2. 事業開発等に必要な基礎知識
    体系化された経営学やマーケティングの講義を受講し、基礎的な知識の獲得ができます。
  3. 協働する力
    ゼミナールでは学生を交えたチームでのディスカッションやプレゼンテーションの機会もあり、チームマネジメントや協働的な課題解決スキルも伸ばすことができます。
プログラム教育体系・カリキュラム

募集案内

制度の詳細・応募方法等については、募集案内をご覧ください。

履修生 修了実績

年度 ビジネス・マネジメント基礎コース 地域ビジネスデザインコース※
令和2年度 1名  
令和元年度 3名  
平成30年度 2名  
平成29年度 2名  
平成28年度 1名  
平成27年度    
平成26年度 1名  
合計 10名  
  • 地域ビジネスデザインコースは令和3年度から設置のため実績なし。