福岡大学商学部
福岡大学商学部

福岡大学商学部案内

商学部案内

福岡大学商学部の特長

  • ◆1年次から取り組む少人数制のゼミナール
  • ◆国際的コミュニケーション能力の重視・向上
  • ◆情報処理能力を徹底的に錬磨する
  • ◆在学中に公認会計士等の資格取得を目指す会計専門職プログラム

ゼミナール体制の充実

本学商学部では、優秀なビジネスパーソンの育成を目的にゼミナール教育に力を入れています。1年次は基礎ゼミで学びの土台を固め、4年次まで学びを深めるとともに、その集大成として卒業論文を書き上げます。

  • 1年次

    基礎
    ゼミナール

  • 2・3年次

    専門
    ゼミナール

  • 4年次

    論文
    ゼミナール

  • 少人数で深く学ぶ

    商学部では1年次の前期からゼミナール教育を行います。4年次まで2年半に渡って、興味を持つ分野について、15名程度の仲間と一人の先生を囲み、討論・発表を重ねます。

  • 実践的に広く学ぶ

    勉強の場は学内にとどまりません。企業見学や海外研修、地域との共同プロジェクト、他のゼミや大学との討論大会など、深く掘り下げた勉強を通して視野を広げ、学びを深めます。

  • 学生が主体の運営

    商学部ゼミナールの主体は学生です。勉強以外に、先生やゼミ仲間との交流を深める各ゼミ独自のイベント(合宿や卒業旅行など)を行って、成長と絆を育む風土があります。

  • 集大成としての
    卒業論文

    ゼミナールでの勉強の集大成として、最も関心をもったテーマを自ら決定し、多くの文献を調べて、20,000字以上の卒業論文を書き上げます。大学生ならではの勉学のスタイルです。

ゼミの内容についてはコチラ

キャリア教育・キャリア形成支援

商学部・商学部第二部では、人生に関わる大きなチャンスであるキャリアを支援します。

1年次

キャリア形成入門

社会で求められる人材像についての理解を深め、キャリア設計の力をつけます。

2年次

「キャリア形成を考える」

自らの言葉で伝えることに重点を置きながらプレゼンテーション能力を高めます。

3・4年次

「キャリア形成実践Ⅰ」
「キャリア形成実践Ⅱ」

課題解決型学習を通じて、実践的に社会人基礎力を伸ばします。

主な就職先・資格などについて

主な就職先 ※平成27年度

積水ハウス(株)、TOTOリモデルサービス(株)、(株)石村萬盛堂、大成印刷(株)、日本イーライリリー(株)、(株)安川電機、(株)エイチ・アイ・エス、(株)JTB九州、(株)ジェネス、日本郵便(株)、(株)アステム、(株)エバーライフ、エフコープ生活協同組合、極東ファディ(株)、(株)くらコーポレーション、(株)コスモス薬品、(株)JIMOS、(株)ジユン、(株)関家具、(株)セブン-イレブン・ジャパン、(株)トータル・メディカルサービス、西日本フード(株)、日産プリンス福岡販売(株)、マックスバリュ九州(株)、山下医科器械(株)、(株)十八銀行、住友生命保険相互会社、(株)西日本シティ銀行、日本生命保険相互会社、(株)福岡銀行、福岡信用金庫、(株)福岡中央銀行、(株)宮崎銀行、(株)ゆうちょ銀行、(株)駅前不動産、日本ハウズイング(株)、粕屋農業協同組合、(株)サニクリーン九州、社会保険診療報酬支払基金、ディップ(株)、(株)トライグループ、日本年金機構、福岡市農業協同組合、(株)渕上ファインズ、(株)ホープ、三菱UFJインフォメーションテクノロジー(株)、(株)ミロク情報サービス、(株)Wiz、(株)ワークスアプリケーションズ、福岡県警など

習得が可能な資格

情報処理、簿記検定試験1・2・3級、建設業税理士、販売管理士、ファイナンシャルプランナー、証券アナリスト、宅地建物取引士、中小企業診断士、税理士、公認会計士、教員免許、通関士など。

受験可能な採用試験について

高等学校(情報、商学、公民、地理歴史)教員、中学校(社会)教員、国税専門官、各都道府県警察官、自衛官、国家公務員など。

商学科

地域のビジネスリーダーを目指す、ゼミを主とした授業。
3領域6分野から選択し、専門的にあるいは総合的に学ぶ。

  「商学」とは市場を中心に、消費者・企業・行政などが複雑に関係し合う現実のビジネスについて、そのメカニズムを解明しようとする学問です。このため本学科では学びに3領域6分野を設定しています。学生個々の目標に応じて専門的に、あるいは総合的に、1年次から4年間にわたるゼミでの学びや活動を通じてビジネスリーダーに不可欠な“観察・構想・実践”の能力を習得します。地域から経済を再活性化させる人材になることを目指します。

学びの特色

貴重な気付きが得られる
特別講座を開講

◆企業連携講座
企業や業界団体等と連携した寄付講座を開講。トップリーダーとしての経験に基づく講演は貴重です。
◆社会起業家、ソーシャル・イノベーター養成講座
NPOやNGOなど、社会貢献型の事業に関わる(あるいは自ら展開する)ための講座も開講しています。

高感度な“マーケット・レーダー”を身に付ける

専門分野「流通・マーケティング」「交通」「情報・サービス」では市場の動向や仕組み、変化をそれぞれの分野からアプローチ。市場を観察して動向をとらえ、次を予測するための高感度な“マーケット・レーダー”を身に付けます。

事業を進めるために不可欠な
資金の流れなどを理解する

専門分野「金融」、「保険」では金融や保険の仕組みはもとより、企業における資金調達と運用やリスクマネジメントについてなど、事業を進めるために不可欠な知識も修得。資金の流れから市場動向を正確にとらえるといった能力も身に付けます。

市場動向の情報を精査し
読み解く能力を養う

専門分野「流通・マーケティング」、「情報・サービス」では市場調査や情報処理等を最新の機器を用いて学習。インターネット等がもたらした情報過多社会において不可欠な、収集した情報を精査し正しく読み解く能力を養います。

企業の発展を正しくとらえる
歴史観と戦略的思考力を培う

専門分野「商業史」では江戸期に発祥、今なお隆盛の老舗・大企業の発展史などにアプローチ。過去から現代を見直し、企業の発展を正しく論じるための歴史観を養うと同時に、次代のビジネスを開くための戦略的思考力も培います。

経営学科

目標は「会計がわかる経営人」。
「経営がわかる会計人」。
高度な専門知識と思考力を身に付ける。

  本学科では「企業とは“ヒト・モノ・カネ”および“情報”の集合体である」ととらえ、それらを経営と会計の2分野からアプローチしてトータルに学習。高度な専門知識と思考力、その2つを駆使して問題を解決していく能力、およびマネジメントリーダーに不可欠な豊かな人間性を身に付けていきます。その目標は「会計がわかる経営人」あるいは「経営がわかる会計人」になることです。プロフェッショナルな経営者や起業家、公認会計士や税理士などの専門職を目指した、“目的意識”のある学びに取り組むことができます。

学びの特色

マネジメントの
プロを育成

企業の組織管理について具体的な諸問題にアプローチします。マネジメントに必要な様々な科目を通して戦略策定、組織構築、資本政策、資金管理、生産体制、人的資源管理などの具体的な諸問題にアプローチします。国際的な企業発展や九州圏における経営の独自性なども学び、事業を多角的に捉える能力を備えたマネジメントのプロを育成します。

会計のエキスパートを養成する
科目を開講

会計分野では、まず「簿記原理」や「会計学総論」等を専門科目として履修した上で、経営陣やステークホルダーが財務情報を正しく認識するための、制度会計に関する基本スキルを身に付けます。また、「会計士監査論」や「経営分析論」、「連結会計論」や「税務会計論」等の科目から、企業を制度・理論両面からチェックする手法も学習。企業のグローバル化に対応し、諸外国の会計制度に関する科目も開講しています。

理論(考え方)×実践(現実)

経営学科の講義では経営の理論(考え方)について実際の企業のケースに基づき学習します。経営理論を学ぶだけでなく、様々な業界の優良企業についての知識も身につきます。またゼミでは経営理論の実践に挑戦したり、実際の経営について調査を行ったりすることで実践と理論を結びつけていきます。

起業の可能性を高める
学びを数々提供

起業を意識する学生には、「オペレーションズリサーチ」で戦略的意思決定のシミュレーション手法を、「国際経営論」や「アジアの経済・経営」で国際市場への進出手法を学ぶことを推奨。これらに各専門科目の学びにより培った知識と理論を応用し、起業の可能性を高めます。

実践につながる「特別講義」や
資格取得の「支援講座」を開講

事業(家業)承継や企業経営に意欲的な学生が、さらに実践的に学べる「特別講義」を開講しています(単位認定対象)。
公認会計士、税理士、中小企業診断士などの資格取得を積極支援。エクステンションセンターによる資格取得講座(課外)の受講も奨励しています。

貿易学科

九州・福岡からアジア・世界へ。
グローバルに活躍する
人材となるために。

  「高度なビジネス英語力を身に付け仕事に生かしたい」「貿易や金融などの国際ビジネスの場で実力を発揮したい」「九州と世界をつなぐ仕事をしてみたい」「アジアをはじめとする途上地域の経済発展に貢献したい」。本学科ではそのような目標を持つ学生たちへ、専門的な学びと実践的な英語教育を4年間を通じて提供。実務につながるスキルを身に付け、世界を舞台に活躍できる人材を育成します。

学びの特色

グローバル化が進む時代に
即応した専門的かつ実践的な教育を展開

ビジネスを理解できる国際人を
育成するための充実した教育

経済とビジネスのグローバル化は私たちの足もとから地球の隅々まで及びその担い手と経路も多様です。貿易学科は時代が求める国際人になるための充実した科目群を提供します。

国際社会の“今”を読み解くための
基礎教育

基礎段階では新聞の時事問題等を教材に、国際社会への関心と理解を深める学びを提供。さまざまな資料や文献を精査し、レポートや論文を作成するための読解力や文章力を高めることにも取り組みます。

ネーティブスピーカーによる
実践的なビジネス英語教育

ネーティブスピーカーが、「読む・書く・聴く・話す」の英語4技能を少人数制の授業で教育。4年間を通じてじっくりと訓練に取り組み、国際ビジネスの場で通用する高度な英語能力を身に付けます。

国際ビジネスの実際に迫る専門教育

グローバル企業を研究するゼミや貿易のプロから学ぶ特別講義など、国際ビジネスの実際に迫る科目を広く展開。自身の専門知識や能力の生かし方を含め、卒業後の進路(分野)選択につなげます。

4年間を通じた
少人数制のゼミ

少人数制のゼミナールを4年間配置。国際経験豊かな専任教員が担当します。少人数での活発な議論を通じて、視野を広げることができます。